FC2投票

PAGE TOP

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback --  |  comment --

PAGE TOP

Final Camp in 2010. 

オーストラリア在住のいとこが、
久しぶりに家族で日本へ帰ってきたので、
いとこ達皆で再会を祝してBBQへ。

心春は言葉の壁なんてそもそもないかのように、
普通にキャッキャと楽しく遊んでいたかと思ったら、
←この後、池の水を触ろうと前かがみになりすぎて
「ドボン」と、頭から池に突っ込んでいかれました。。

大慌てでダディーが引っ張りあげてくれ、
全身びしょ濡れになりましが、ママは想定内とばかりに
着替え一式とタオルを取り出し一件落着。
(さすがに靴の替えはありませんでしたが)

←タンタンとColemanチェア。
バックの風景も去ることながら、
カタログで見るような絵の納まり具合です。

Final Camp at hiruzen in 2010.
キャンプ場も11月初旬で営業終了。
寒さ覚悟で朝の雲海を見に蒜山高原へ。

景色がいいとは聞いてましたが、
北海道の美瑛を思わせる素晴らしい
ロケーションで、今後もリピート確定。
夜の極寒対策に、全員ヒートテックを装着
(もちろんユニクロでまとめ買い)

実際、夜中は3~4℃まで冷え込みましたが、
今年は奥飛騨経験もあった為か、寒いながらも
思っていたよりも普通に一晩を過ごせました。

夜はそれ以上に、星空が圧巻でした。
真っ暗な空に、無数の星とその輝き。
白い息を吐きながら、それを眺める時間の贅沢さ。
ますますキャンプを好きになるばかりです。

夜の食事は、頭からつま先まで完全防備の上、鍋と旬の松茸を。
(1本を8等分してしまいましたが、決してエリンギではありません)
外食“ガイショク”とは一線を隔す、まさに外食“ソトショク”ですな。

今年は結局、計5回のキャンプ実績。
何がスゴイって、皆がまたキャンプに行きたいこと。

準備が大変だったり、暑かったり、寒かったり、
設備が汚かったり、誰かが嫌がっても不思議じゃないのに、皆いつも大満足の笑顔なのです。

オフ入り早々、来年のキャンプが楽しみです。
スポンサーサイト

PAGE TOP

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。